研究内容

温帯林の種多様性維持メカニズムに関する研究 樹木の種多様性維持メカニズムには、光・水分・土壌栄養などの無機的要因だけではなく、病原菌や菌根菌などの生物的要因も深く関わっている。本研究では特に、地上及び地下の菌類群集に注目し、多様な樹種の分布や成長に及ぼす影響を解明している。
キーワード:Janzen-Connell仮説、Plant-Soil Feedback、枯死木、腐朽型、生物間相互作用、倒木更新、コケ

植物の遺伝的多様性維持・創出メカニズムおよびその保全に関する研究 現在、かつてないスピードで生物が絶滅しつつある。これにより、生態系崩壊や遺伝資源喪失が危惧され、保全が急務となっている。本研究では、次世代シーケンサーを用いて、保全遺伝学的・集団遺伝学的観点から研究を行う。
キーワード:Mig-seq、種分化、適応進化プロセス、希少種、技術開発、タケ・ササ類のクローン特性、雑種起源、生存戦略

生物多様性に配慮した森林管理・持続的な林業生産に関する研究 スギ人工林において間伐強度が木材生産や種多様性・生態系機能の回復にどう影響するかの長期的なモニタリング調査や、東日本大震災の復興を目指して造成された海岸防災林における樹木の遺伝的地域性に注目した研究を行う。
キーワード:森林管理、間伐、混交林化、広葉樹林化、水源涵養機能、遺伝的地域性、海岸林再生

古代DNAの分析による森林分布変遷史に関する研究 過去の植物多様性の変遷を知ることは将来予測などを行う上でも重要であるが、遺伝子レベルでは不明な点が多い。本研究室では、氷河中の花粉や湿原堆積物中の植物遺体を用いた古代DNA分析を行い、遺伝子レベルでの多様性変遷の解明を目指している。
キーワード:古植生復元、植物遺体、古代DNA、氷河花粉、森林変遷

▲ページのトップへ戻る