研究成果

 

2017年

原著論文

  • Yoko Ando, Yu Fukasawa, Yoshitaka Oishi. (2017) Interactive effects of wood decomposer fungal activities and bryophytes on spruce seedling regeneration on coarse woody debris. Ecological Research. 32, 173-182. DOI 10.1007/s11284-016-1427-y.
  • Kato S, Fukasawa Y, Seiwa K (2017) Canopy tree species and openness affect foliar endophytic fungal communities of understory seedlings. Ecological Research 32 (2): 157-162
  • Bayandala, Masaka K, Seiwa K (2017) Leaf diseases facilitate the Janzen–Connell mechanism regardless of light conditions: a 3-year field study. Oecologia 183 (1): 191-199
  • Tamaki I, Yoichi W, Matsuki Y, Suyama Y, Mizuno M (2017) Inconsistency between morphological traits and ancestry of individuals in the hybrid zone between two Rhododendron japonoheptamerum varieties revealed by a genotyping-by-sequencing approach. Tree Genetics & Genomes 13 (1): 4
  • Sasaki T, Yoshihara Y, Takahashi M, Byambatsetseg L, Futahashi R, Nyambayar D, Suyama Y (2017) Distinct responses and mechanisms of ecosystem function following experimental species loss scenarios. Oecologia 183 (3): 785-795
  • Baba Y, Matsuki Y, Mori Y, Suyama Y, Tada C, Fukuda Y, Saito M, Nakai Y (2017) Pretreatment of lignocellulosic biomass by cattle rumen fluid for methane production: Bacterial flora and enzyme activity analysis. Journal of Bioscience and Bioengineering 123 (4): 489-496
  • 長谷川陽一・陶山佳久・清和研二(2017)自家不和合性の樹木クリにおける開花フェノロジー:二重雌雄異熟性(duodichogamy).日本生態学会誌67 (1): 31-39
  • Choi HJ, Ito T, Yokogawa M, Kaneko S, Suyama Y, Isagi Y (2017) Population and genetic status of a critically endangered species in Korea: Hydrangea luteovenosa (Hydrangeaceae). Korean Journal of Plant Taxonomy 47 (1): 1-5
  • Fukasawa Y, Komagata Y, Ushijima S (2017) Fungal wood decomposer activity induces niche separation between two dominant tree species seedlings regenerating on coarse woody material. Canadian Journal of Forest Research 47 (1): 106-112

国内学会発表

  • ◯安藤洋子・深澤遊・大石善隆・Zewei Song、コケを介した菌類群集の影響がトウヒ実生の倒木更新に与える効果、第64回日本生態学会大会(早稲田大学、東京、2017年3月15日)
  • ◯根岸有紀・清和研二、スギ人工林の針広混交林化に向けた適切な間伐強度、第128回 日本森林学会大会(鹿児島大学、鹿児島、2017年3月26-29日)
  • ◯綱本良啓・満行知花、MIG-seqのすべて:次世代シーケンサーを用いた迅速・簡単な多型解析(自由集会)、第64回日本生態学会大会(早稲田大学、東京、2017年3月15日)
  • ◯陶山佳久、MIG-seqの原理と概要(自由集会)、第64回日本生態学会大会(早稲田大学、東京、2017年3月15日)
  • ◯藤田琴実・満行知花・綱本良啓・井鷺裕司・Gildas Gâteblé・陶山佳久、ニューカレドニア産希少植物Oxera属樹種間・種内の遺伝的関係解析(自由集会)、第64回日本生態学会大会(早稲田大学、東京、2017年3月15日(自由集会)、第64回日本生態学会大会(早稲田大学、東京、2017年3月15日)
  • ◯成田あゆ・兼子伸吾・陶山佳久・綱本良啓・小牧義輝・葉山佳代・坂入祐子・井鷺裕司、小笠原諸島の希少植物タイヨウフウトウカズラの遺伝的多様性-SSR/MIG-seqによる解析と比較(自由集会)、第64回日本生態学会大会(早稲田大学、東京、2017年3月15日)
  • ◯長井敏・満行知花・河地正伸・出村幹英・陶山佳久、有害赤潮藻Chattonella属3種のMIG-seq法による識別(自由集会)、第64回日本生態学会大会(早稲田大学、東京、2017年3月15日)
  • ◯綱本良啓・丹野たかね・斎藤遥花・陶山佳久、MIG-seqの特徴を生かした研究と、今後の可能性(自由集会)、第64回日本生態学会大会(早稲田大学、東京、2017年3月15日)

受賞

  • 安藤洋子・深澤遊・大石善隆・Zewei Song、コケを介した菌類群集の影響がトウヒ実生の倒木更新に与える効果、第64回日本生態学会大会、 ポスター発表会最優秀賞受賞

 

▲ページのトップへ戻る

2016年

原著論文

  • Xia Q, Ando M, Seiwa K (2016) Interaction of seed size with light quality and temperature regimes as germination cues in 10 temperate pioneer tree species. Functional Ecology 30:866-874
  • Bayandala, Fukasawa Y, Seiwa K (2016) Roles of pathogens on replacement of tree seedlings in heterogeneous light environments in a temperate forest: a reciprocal seed sowing experiment. Journal of Ecology 104:765-772
  • Yuka Ikezaki, Yoshishisa Suyama, Beth A Middleton, Yoshihiko Tsumura, Kousuke Teshima, Hidenori Tachida, Junko Kusumi (2016) Inference of population structure and demographic history in Taxodium distichum, a coniferous tree in North America, based on amplicon sequencing analysis. American Journal of Botany 103:11-13
  • Kazunori Nakamura, Tokuo Yano, Yoshihisa Suyama, Osamu Nishimura, Kazunori Nakano (2016) Macrofauna in a full-scale vertical flow constructed wetland furing vegetative growth stage. Japanese Journal of Water Treatment Biology 52:45-54
  • Kyoko Sugai, Shin Watanabe, Taiki Kuishi, Shinya Imura, Keiichi Ishigaki, Masatsugu Yokota, Shinichi Yanagawa, Yoshihisa Suyama (2016) Extremely low genetic diversity of the northern limit populations of Nypa fruticans (Arecaceae) on Iriomote Island, Japan. Conservation Genetics 17:221-228
  • Fukasawa Y (2016) Seedling regeneration on decayed pine logs after the deforestation events by pine wilt disease. Annals of forest research: in press
  • Fukasawa Y (2016) Biodiversity in deadwood. Bulletin of the mountain naturalist club 15:73-77
  • Takahashi Y, Suyama Y, Matsuki Y, Funayama R, Nakayama K, Kawata M (2016) Lack of genetic variation prevents adaptation at the geographic range margin in a damselfly. Molecular Ecology 25 (18): 4450-4560

著書等

  • 陶山佳久(2016)木の上を「舐めるように」見たい!.Pp. 28–31、ブンイチvol.1、文一総合出版
  • 清和研二(2016)種子の生態.日本植物学会(編)植物学の百科事典、丸善出版
  • 陶山佳久(2016)植物科学と系統解析.日本植物学会(編)植物学の百科事典、丸善出版
  • 陶山佳久(2016)分子系統解析.日本植物学会(編)植物学の百科事典、丸善出版
  • 深澤遊、吉原佑、松木悠(訳)(2016)地上と地下のつながりの生態学—生物間相互作用から環境変動まで.東海大学出版会
  • 深澤遊(2016)枯れ木をめぐる生物の多様性.山から始まる自然保護 15: 73-77

国内学会発表

  • ◯安藤洋子・深澤遊、倒木上のコケが実生の定着に与える間接効果の実証、日本生態学会東北地区会大61回大会(ZAOセンタープラザ、山形、2016年10月29日)
  • ◯根岸有紀・清和研二、森林における種多様性と地下部の根系分布パターン日本生態学会東北地区会大61回大会(ZAOセンタープラザ、山形、2016年10月29日)
  • ◯藤田琴実・満行知花・綱本良啓・井鷺裕司・Gildas Gâteblé・陶山佳久、ニューカレドニア産希少植物Oxera属樹種の保全遺伝学的研究、日本生態学会東北地区会第61回(ZAOセンタープラザ、山形、2016年10月29日)
  • ◯丹野たかね・高原光・中澤文男・陶山佳久、湿原および山岳氷河の堆積物から得られた植物試料を対象とした古代DNA分析、日本生態学会東北地区会第61回(ZAOセンタープラザ、山形、2016年10月29日)
  • ◯斎藤遥花・満行知花・綱本良啓・陶山佳久・石井弘明、巨大樹木ジャイアントセコイアの同一個体内における体細胞突然変異の探索、日本生態学会東北地区会第61回(ZAOセンタープラザ、山形、2016年10月29日)

受賞

  • 藤田琴実・満行知花・綱本良啓・井鷺裕司・Gildas Gâteblé・陶山佳久、ニューカレドニア産希少植物Oxera属樹種の保全遺伝学的研究 日本生態学会東北地区会第61回 最優秀賞

 

▲ページのトップへ戻る

2015年

原著論文

  • Parducci L, Väliranta M, Salonen JS, Ronkainen T, Matetovici S, Fontana SL, Eskola T, Sarala P, Suyama Y. (2015) Proxy comparison in ancient peat sediments: pollen, macrofossil and plant DNA. Philosophical Transactions of the Royal Society B 370 (1660): 20130382
  • Hasegawa Y, Suyama Y, Seiwa K (2015) Variation in pollen-donor composition among pollinators in an entomophilous tree species, Castanea crenata, revealed by single-pollen genotyping. PLoS ONE 10(3): e0120393
  • Tachiki Y, Makita A, Suyama Y, Satake A (2015) A spatially explicit model for flowering time in bamboos: long rhizomes drive the evolution of delayed flowering. Journal of Ecology 103 (3): 585–593
  • Suyama Y, Matsuki Y (2015) MIG-seq: an effective PCR-based method for genome-wide single-nucleotide polymorphism genotyping using the next-generation sequencing platform. Scientific Reports 5: 16963
  • Fukasawa Y, Takahashi T, Arikawa T, Hattori T, Maekawa N (2015) Fungal wood decomposer activities influence community structures of myxomycetes and bryophytes on coarse woody debris. Fungal Ecology 14: 44–52
  • Hishinuma T, Osono T, Fukasawa Y, Azuma JI, Takeda H (2015) Application of 13C NMR spectroscopy to characterize organic chemical components of decomposing coarse woody debris from different climatic regions. Annals of Forest Research 58(1): 3-13
  • Fukasawa Y (2015) Basidiomycetous ectomycorrhizal fungal communities of current-year Pinus densiflora seedlings that regenerated on decayed logs and on the forest floor soil. Journal of Integrated Field Science 12: 19-30
  • Fukasawa Y (2015) The geographical gradient of pine log decomposition in Japan.Forest Ecology and Management 349: 29-35
  • Fukasawa Y, Matsuoka S (2015) Communities of wood-inhabiting fungi in dead pine logs along a geographical gradient in Japan. Fungal Ecology 18: 75-82
  • Shota Sakaguchi, Takeshi Sugino, Yoshihiko Tsumura, Motomi Ito, Michael D. Crisp, David M. J. S. Bowman, Atsushi J. Nagano, Mie N. Honjo, Masaki Yasugi, Hiroshi Kudoh, Yu Matsuki1, Yoshihisa Suyama, Yuji Isagi (2015) High-throughput linkage mapping of Australian white cypress pine (Callitris glaucophylla) and map transferability to related species. Tree Genetics & Genomes 11(6): 121

著書等

  • 深澤遊 (2015) 枯死木分解に関わる菌類群集の動態と機能. 日本菌学会会報 56: 84-94
  • 清和研二(2015)樹は語る.築地書館
  • 清和研二,林誠二(2015)コンポスト科学、東北大学出版会
  • 清和研二(2015)「混植」のすすめ−混交林の可能性—.森林技術
  • 深澤遊(2015)枯死木を取り巻く生物多様性.自然保護 543: 32-34
  • 津村義彦,陶山佳久(2015)森林の成り立ちと遺伝的地域性.Pp. 7–14、津村義彦,陶山佳久(編)地図でわかる樹木の種苗移動ガイドライン.文一総合出版、東京
  • 津村義彦,陶山佳久(2015)種苗移動ガイドラインとは.Pp. 17–24、津村義彦,陶山佳久(編)地図でわかる樹木の種苗移動ガイドライン.文一総合出版、東京
  • 津村義彦,陶山佳久(2015)トドマツ.Pp. 49–50、津村義彦,陶山佳久(編)地図でわかる樹木の種苗移動ガイドライン.文一総合出版、東京
  • 陶山佳久(2015)オオシラビソ.Pp. 51–52、津村義彦,陶山佳久(編)地図でわかる樹木の種苗移動ガイドライン.文一総合出版、東京
  • 陶山佳久(2015)48年周期で生まれ変わるタケ.Pp. 11-28、新田梢・陶山佳久(編)、生物時計の生態学—リズムを刻む生物の世界.288pp、文一総合出版、東京

国内学会発表

  • ◯深澤遊・鈴木智之・小林真(2015)樹木の大量枯死が森林生態系に与える影響. 第126回日本森林学会大会企画シンポジウム(北海道大学,札幌,3月)
  • ◯深澤遊(2015)病害虫による樹木の大量枯死が森林の更新に与える影響. 森林学会企画シンポジウム(北海道大学,札幌,3月)
  • ◯辻田有紀・深澤遊・馬田英隆・遊川知久(2015)菌従属栄養植物タカツルランの菌根菌の特性評価:単離菌株を用いた木材分解能力および共生発芽能力の評価. 日本菌学会第59回大会(那覇市ぶんかテンブス館,那覇,5月)

国際学会発表

  • ◯Yu Fukasawa. Communities of wood-inhabiting fungi in dead pine logs along a geographical gradient in Japan. 17th Congress of European Mycologists. September, 2015. Funchal, Portugal.

学会以外での発表

  • 深澤遊(2015)枯死木分解に関わる菌類群集の動態と機能に関する研究. 日本菌学会第59回大会(奨励賞受賞講演)(那覇市ぶんかテンブス館,那覇,5月)
  • 深澤遊(2015)木材腐朽菌が倒木上における樹木実生の更新に与える影響. 第126回日本森林学会大会(奨励賞受賞講演)(北海道大学,札幌,3月)

 

▲ページのトップへ戻る

2014年

原著論文

  • Tomimatsu, H., Nakano, K., Yamamoto, N., and Suyama, Y., Effects of genotypic diversity of Phragmites australis on primary productivity and water quality in an experimental wetland. Oecologia 175(1):163-172 (2014) (査読有り)
  • Källman, T., Mita, S.D., Larsson, H., Gyllenstrand, N., Heuertz, M., Parducci, L., Lagercrantz, U., Suyama, Y., and Lascoux, M., Patterns of nucleotide diversity at photoperiod related genes in Norway spruce [Picea abies (L.) Karst]. PLoS ONE 9(5):e95306 (2014) (査読有り)
  • Mizuki, I., Sato, A., Matsuo, A., Suyama, Y., Suzuki, J., and Makita, A., Clonal structure, seed set, and self-pollination rate in mass- flowering bamboo species during off-year flowering events. PLoS ONE 9(8):e105051 (2014) (査読有り)
  • Matsuo, A., Tomimatsu, H., Suzuki, J., Makita, M., Suyama, Y., Female and male fitness consequences of clonal growth in a dwarf bamboo population with a high degree of clonal intermingling. Annals of Botany 114(5):1035-1041(2014) (査読有り)
  • Lee, J-H., Lee, D-H., Choi, H-J., Suyama, Y., kondo, T., Isagi, Y., and Choi, B-H., The distribution and population status of Quercus myrsinifolia (Fagaceae) on the Korean peninsula. Korean Journal of Plant Taxonomy 44(3):165-170 (2014) (査読有り)
  • Sagara, N., and Fukasawa, Y., Inhabitant changes in long-term mole nesting at the same site, revealed by observing mushroom fruiting at the site. Mammalia 78(3):383-391 (2014)(査読有り)
  • Fukasawa, Y., Katsumata, S., Mori, A., Osono, T., and Takeda, H., Accumulation and decay dynamics of coarse woody debris in a Japanese old-growth subalpine coniferous forest. Ecological Research 29(2):257-269 (2014) (査読有り)

著書等

  • Morinaga, S., Iwasaki, T., and Suyama, Y., Eco-evolutionary genomic observation for local and global environmental changes. In: S.-i. Nakano et al. (eds.), Integrative Observations and Assessments, Ecological Research Monographs. Pp. 327-337, 431pp. Springer (2014)
  • 岩崎貴也・阪口翔太・横山良太・高見泰興・大澤剛士・池田紘士・陶山佳久、生物地理学とその関連分野における地理情報システム技術の基礎と応用、日本生態学会誌64(3):183-199 (2014)
  • 陶山佳久、日本の森林樹木の地理的遺伝構造(7)オオシラビソ(マツ科モミ属)、森林遺伝育種3(4):173-178 (2014)
  • 深澤遊、11講:基盤サービス-どのように保たれるのか-、教養としての森林学、pp.115-122、文永堂出版(2014)
  • 深澤遊・山下聡(訳)(Jogeir N. Stokland,Juha Siitonen,Bengt Gunnar Jonsson 著)、枯死木の中の生物多様性、560pp、京都大学学術出版会(2014)

国内学会発表

  • ◯阿部晴恵・陶山佳久、花粉一粒分析を用いた植物生態学的研究、第61回日本生態学会大会(広島国際会議場、広島 3月14~18日)
  • ◯廣田峻・新田梢・陶山佳久・安元暁子・矢原徹一、受粉花粉の直接遺伝解析に基づくアゲハチョウを介した送粉パターンの解明、第61回日本生態学会大会(広島国際会議場、広島、3月14〜18日)(ポスター発表)
  • ◯松尾歩・富松裕・陶山佳久・鈴木準一郎・齋藤智之・柴田昌三・蒔田明史、広域同調開花したチュウゴクザサの更新初期過程—ジェネット構造と繁殖成功度に注目して-、第61回日本生態学会大会(広島国際会議場、広島、3月14~18日)(ポスター発表)
  • ◯深澤遊、木材腐朽菌群集の分解機能が樹木実生の更新におよぼす影響、第61回日本生態学会大会(広島国際会議場、広島、3月14~18日)
  • ◯深澤遊、山下聡、分解系における生物群集と生態系機能研究の現状と課題、第61回日本生態学会大会(広島国際会議場、広島、3月14~18日)
  • ◯Wulantuya, Fukasawa, Y., and Seiwa, K., Relative importance of mycorrihzal- and pathogenic-fungi on seeding establishment in gap and understory continuum. 第61回日本生態学会大会(広島国際会議場、広島、3月14~18日)
  • ◯陶山佳久、次世代DNAシーケンシングによる森林分子生態学的研究、第125回日本森林学会大会(大宮ソニックシティー、大宮市、3月26~30日)
  • ◯小笠原玄記・高野義智・陶山佳久、地域性種苗を用いた津波被災林再生植樹のためのタブノキの系統地理学的解析と植栽試験、第125回日本森林学会大会(大宮ソニックシティー、大宮市、3月26~30日)(ポスター発表)
  • ◯伏見愛雄・松木悠・河原孝行・高橋英樹・伊澤岳師・陶山佳久、絶滅危惧植物レブンアツモリソウのNGS-SNP分析による集団遺伝学的解析、第46回種生物学シンポジウム(人材開発センター富士研修所、富士吉田、12月5-7日)(ポスター発表)
  • ◯菅野敬雅・米倉浩司・松木悠・陶山佳久、NGS-SNP分析を用いた集団遺伝学的解析によるササ類の雑種起源の検証、第46回種生物学シンポジウム(人材開発センター富士研修所、富士吉田、12月5-7日)(ポスター発表)
  • ◯安藤洋子・深澤遊・大石義隆、倒木上のコケがトウヒ実生の更新に与える影響、日本生態学会東北地区会第59回大会(岩手大学、盛岡、12月14日)
  • ◯伏見愛雄・松木悠・河原孝行・高橋英樹・伊澤岳師・陶山佳久、次世代シーケンシング分析による絶滅危惧植物レブンアツモリソウの集団遺伝学的解析、日本生態学会東北地区会第59回大会(岩手大学、盛岡、12月14日)
  • ◯佐々木崇徳・清和研二、成木と子個体の空間分布は同所的か、排他的か-優占度の異なる落葉広葉樹数種の比較—、日本生態学会東北地区会第59回大会(岩手大学、盛岡、12月14日)
  • ◯鈴木綾・清和研二、落葉広葉樹成木下における同種実生から多種実生への置き換わりの程度—優占度の異なる4種の比較−、日本生態学会東北地区会第59回大会(岩手大学、盛岡、12月14日)

国際学会発表

  • ◯Suyama, Y., Phylogeographic analysis of Machilus thunbergii for restoration planting in coastal forests damaged by tsunami. The 6th EAFES International Congress (Huandao Tide Hotel, Haikou, China, April 9-11)

学会以外での発表

  • ◯松岡勇希・深澤遊・清和研二、スギ人工林と広葉樹林との境界からの距離に伴う菌根菌群集の変化.菌根研究会(東北大学、仙台、11月16日)
  • ◯ウラントヤ・深澤遊・清和研二、落葉広葉樹の実生定着に及ぼす菌根菌と病原菌の相対的重要性—光環境と親木からの距離の影響—、菌根研究会(東北大学、仙台、11月16日)

受賞

  • Wulantuya, Relative importance of mycorrihzal- and pathogenic-fungi on seeding establishment in gap and understory continuum. Excellent Award (ESJ61 English Presentation Award, Award2: Plant physiology, population and community)
  • 小笠原玄記・高野義智・陶山佳久、地域性種苗を用いた津波被災林再生植樹のためのタブノキの系統地理学的解析と植栽試験、第125回日本森林学会大会学生ポスター賞:造林分野
  • 安藤洋子・深澤遊・大石義隆、倒木上のコケがトウヒ実生の更新に与える影響、日本生態学会東北地区会第59回大会研究発表会最優秀賞

 

▲ページのトップへ戻る

2013年

原著論文

  • Seiwa, K., Miwa, Y., Akasaka, S., Kanno, H., Tomita, M., Saitoh, T., Ueno, N., Kimura, M., Hasegawa, Y., Yamazaki, M., and Masaka, K., Landslide-facilitated species diversity in a beech-dominant forest. Ecological Research 28(1):29-41 (2013) (査読有り)
  • Kikuzawa, K., Seiwa, K., and Lechowicz, M.J., Leaf longevity as a normalization constant in allometric predictions of plant production. PLoS ONE 8(12):e81873 (2013) (査読有り)
  • Parducci, L., Matetovici, I., Fontana, S.L., Bennett, K.D., Suyama, Y., Haile, J., Kjær, K.H., Larsen, N.K., Drouzas, A.D., and Willerslev, E., Molecular and pollen-based vegetation analysis in lake sediments from central Scandinavia. Molecular Ecology 22(13):3511-3524 (2013) (査読有り)
  • Nakazawa, F., Uetake, J., Suyama, Y., Kaneko, R., Takeuchi, N., Fujita, K., Motoyama, H., Imura, S., and Kanda, H., DNA analysis for section identification of individual Pinus pollen grains from Belukha glacier, Altai Mountains, Russia. Environmental Research Letters 8(1):014032 (2013) (査読有り)
  • Choi, H-J., Kaneko, S., Yokogawa, M., Song, G-P., Kim, D-S., Kang, S-H ., Suyama, Y., and Isagi, I., Population and genetic status of a critically endangered species in Korea, Euchresta japonica (Leguminosae), and their implications for conservation. Journal of Plant Biology 56(4):251-257 (2013)(査読有り)
  • Hirota, S.K., Nitta, K., Suyama, Y., Kawakubo, N., Yasumoto, A.A., and Yahara, T., Pollinator-mediated selection on flower color, flower scent and flower morphology of Hemerocallis: Evidence from genotyping individual pollen grains on the stigma. PLoS ONE 8(12):e85601 (2013) (査読有り)
  • Fukasawa, Y., Osono, T., and Takeda, H., Effects of environmental moisture on twig litter decomposition by fungal colonizers. Journal of Integrated Field Science 10:1-6 (2013)

著書等

  • 清和研二 、多種共存の森 —1000年続く森と林業の恵み、築地書館(2013)
  • 酒井敦・山川博美・清和研二、 森林の“境目”の生態学的プロセスを探る-趣旨説明-、日本生態学会誌63(2):207-209 (2013) 
  • 酒井敦・山川博美・清和研二、森林景観において境界効果はどこまで及んでいるのか?、日本生態学会誌63(2):261-268 (2013) 
  • 清和研二、スギ人工林における種多様性回復の階梯 — 境界効果と間伐効果の組み合わせから効果的な施業方法を考える—、日本生態学会誌 63(2):251-260.(2013)
  • 清和研二、巻頭言:いろんな広葉樹の個性を生かしてみよう、メッサ宮城31:1 (2013)
  • 井鷺裕司・陶山佳久、生態学者が書いたDNAの本—メンデルの法則から遺伝情報の読み方まで、200pp、文一総合出版、東京(2013)
  • 陶山佳久・津村義彦、日本産針葉樹の遺伝的多様性、地球環境18(2):127-136 (2013)
  • 陶山佳久、北スカンジナビアの北方林は最終氷河期から生き残っていた、Japanese Scientist in Science 2012、 pp 21. 米国科学振興協会(AAAS)、Washington, DC (2013)
  • 深澤遊・山下聡、枯死木をめぐる生物間相互作用:企画趣旨と今後の展望、日本生態学会誌 63(3):301-309 (2013)
  • 深澤遊、木材腐朽菌による材の腐朽型が枯死木に生息する生物群集に与える影響、日本生態学会誌 63(3):311-325(2013)
  • 深澤遊・九石太樹・清和研二、境界の地下はどうなっているのか―菌根菌群集と実生更新との関係―、日本生態学会誌 63(2):239-249 (2013)

国内学会発表

  • ◯高橋昌也・吉原佑・陶山佳久、モンゴルの放牧地に生育する低木Caraganaの遺伝的多様性とクローン構造、第60回日本生態学会大会(静岡県コンベンションアーツセンター、静岡、3月6日)(ポスター発表)
  • ◯松尾歩・富松裕・山月融心・陶山佳久・蒔田明史、林冠の光環境がチシマザサ一斉更新個体群のジェネット動態に与える影響、第60会日本生態学会大会(静岡県コンベンションアーツセンター、静岡、3月6日)(ポスター発表)
  • ◯長谷川陽一・陶山佳久・清和研二、デュオダイコガミーと自家不和合性がクリの個体内・集団内の開花フェノロジーに与える影響、第60会日本生態学会大会(静岡県コンベンションアーツセンター、静岡、3月6日)(ポスター発表)
  • ◯九石太樹・陶山佳久、チョウセンキバナアツモリソウの保全遺伝学的研究、第60会日本生態学会大会(静岡県コンベンションアーツセンター、静岡市、3月6日)(ポスター発表)
  • ◯小笠原玄記・高野義智・陶山佳久、津波被災地の海岸林再生に用いるタブノキの遺伝的地域性の解析、第124回日本森林学会大会(岩手大学学生センター、盛岡市、3月25~28日) (ポスター発表)
  • ◯伊藤知子・菅野愛美・陶山佳久・神山梓・阪本真吾・木島明博・稲葉一男・青木優和、褐藻綱コンブ目カジメのマイクロサテライトによる集団構造解析、日本藻類学会第37回大会(山梨大学甲府西キャンパス、山梨、3月27~29日)
  • ◯澤遊・陶山佳久、アカマツ立枯れ木の分解に伴う菌類群集の遷移、日本菌学会第57回大会(東京農業大学世田谷キャンパス、東京、6月7~9日)
  • ◯菅野敬雅・陶山佳久、DNA分析によるササ類の属間雑種の検証、日本生態学会東北支部会第58回大会(星と森のロマントピア、弘前市、10月19日)
  • ◯伏見愛雄・陶山佳久、ササの開花遺伝子に関わるエピジェネティック変異の探索、日本生態学会東北支部会第58回大会(星と森のロマントピア、弘前市、10月19日)
  • ◯高橋昌也・佐々木雄大・吉原佑・梶原惟央璃・Dashzeveg, N.・Ayush, T.・陶山佳久、モンゴルの草原における構成植物種を対象とした遺伝的多様性調査、日本生態学会東北支部会第58回大会(星と森のロマントピア、弘前市、10月19日)
  • ◯巴音達拉・深澤遊・清和研二、ウワミズザクラ当年生実生を加害する病原菌の毒性の親木の成長にともなう変化、日本生態学会東北地区会第58回大会(星と森のロマントピア、弘前、10月19日)
  • ◯鈴木綾・深澤遊・清和研二、津波後の海岸林における環境ストレスおよび菌根菌の実生定着に及ぼす影響、日本生態学会東北地区会第58回大会(星と森のロマントピア、弘前、10月19日)
  • ◯鈴木愛奈・深澤遊・清和研二、スギ天然林におけるスギおよび広葉樹実生の更新に及ぼす菌根菌の影響、日本生態学会東北地区会第58回大会(星と森のロマントピア、弘前、10月19日)
  • ◯松岡勇希・深澤遊・清和研二、スギ人工林と広葉樹林との境界からの距離に伴う菌根菌群集の変化、日本生態学会東北地区会第58回大会(星と森のロマントピア、弘前、10月19日)
  • ◯加藤さや・深澤遊・清和研二、Janzen-Connellモデルにおける実生の葉の内生菌による病原菌抵抗性の役割、日本生態学会東北地区会第58回大会(星と森のロマントピア、弘前市、10月19日)
  • ◯ウラントヤ、深澤遊、清和研二、落葉広葉樹の実生定着に及ぼす菌根菌と病原菌の相対的重要性—光環境と親木からの距離の影響—、日本生態学会東北支部会第58回大会(星と森のロマントピア、弘前市、10月19日)
  • ◯大山裕貴・清和研二、ケヤキの種子二型について、日本生態学会東北地区会第58回大会(星と森のロマントピア、弘前、10月19日)
  • ◯松木悠・陶山佳久、山岳氷河アイスコアから得られた樹木花粉のDNA分析.日本生態学会東北支部会第58回大会(星と森のロマントピア、弘前市、10月19日)
  • ◯菅野敬雅・陶山佳久、ササ3種の遺伝学的解析によるアズマザサの雑種起源説の検証.第45回種生物学シンポジウム(亀の井ホテル別府店、別府市、11月29日~12月1日)(ポスター発表)
  • ◯伏見愛雄・陶山佳久、チマキザサの小規模単独開花ジェネットを対象としたゲノム内変異の探索.第45回種生物学シンポジウム(亀の井ホテル別府店、別府市、11月29日~12月1日)(ポスター発表)
  • ◯深澤遊・陶山佳久、アカマツ立枯れ木の分解に伴う菌類群集の遷移、日本菌学会大会(東京農業大学、東京、6月7〜9日)

国内学会発表

  • ◯Suyama, Y., Overview of the Ecological Society of Japan and Research Projects in Plant Molecular Ecology. NIE 5th International Symposium (National Institute of Ecology, Seocheon, Korea, November 22-23)
  • ◯Kikuzawa, K., Seiwa, K., and Lechowics M.J., Scaling theory of plant production incorporating leaf longevity. The 11th INTECOL Congress (ExCeL, London, UK, August 18-23)
  • ◯Xia, Q., Ando, M., and Seiwa, K., Relative important of red: far-red ratio and temperature fluctuation for seed germination of ten temperate pioneer tree species that differ in seed size. The 11th INTECOL Congress (ExCeL, London, UK, August 18-23)(ポスター発表)
  • ◯Seiwa, K., Konno, M., Iwamoto, S., Important roles of host-specificity of pathogens in maintaining species diversity in a temperate forest. The 11th INTECOL Congress (ExCeL, London, UK, August 18-23)
  • ◯Yu Fukasawa, Geographical gradient in pine log decomposition. The 11th INTECOL Congress (ExCeL, London, UK, August 18-23)

学会以外での発表

  • 深澤遊、枯死木をめぐる生物間相互作用、 みちのく進化生物セミナー(東北大学、仙台、4月5日)

受賞

  • 小笠原玄記・高野義智・陶山佳久、津波被災地の海岸林再生に用いるタブノキの遺伝的地域性の解析、第124回日本森林学会大会学生ポスター賞:造林分野

 

▲ページのトップへ戻る

2012年

原著論文

  • Seiwa, K., Etoh, Y., Hisita, M., Masaka, K., Imaji, A., Ueno, N., Hasegawa, Y., Konno, M., Kanno, H., Kimura, M., (2012) Roles of thinning intensity in hardwood recruitment and diversity in a conifer, Cryptomeria japonica plantation: A five-year demographic study. For. Ecol. Manage., 269:177–187 (2012) (査読有り)
  • Seiwa, K., Eto, Y., Hishita, M. and Masaka, K., Effects of thinning intensity on species diversity and timber production in a conifer (Cryptomeria japonica) plantation in Japan. J. For. Res., 17(6):468-478 (2012) (査読有り)
  • Kimura, K. M., Goto, S., Suyama, Y., Matsui M, Woeste, K. and Seiwa, K., Morph-specific mating patterns in a low-density population of a heterodichogamous tree, Juglans ailantifolia. Plant Ecol., 213(9): 1477-1487 (2012)(査読有り)
  • Oishi, R., Tada, C., Asano, R., Yamamoto, N., Suyama, Y. and Nakai, Y., Growth of Ammonia-Oxidizing Archaea and Bacteria in Cattle Manure Compost under Various Temperatures and Ammonia Concentrations. Microb. Ecol., 63(4):787-793 (2012)(査読有り)
  • Parducci, L., Jørgensen, T. Tollefsrud, M. M., Elverland, E., Alm, T., Fontana, S. L., Bennett, K. D., Haile, J., Matetovici, I., Suyama, Y., Edwards, M. E., Andersen, K., Rasmussen, M., Boessenkool S., Coissac, E., Brochmann, C., Taberlet, P., Houmark-Nielsen, M., Larsen, N. K., Orlando, L., Gilbert, M. T. P., Kjær, K. H., Alsos, I. G. and Willerslev, E., Glacial survival of boreal trees in northern Scandinavia. Science 335(6072):1083-1086 (2012)(査読有り)
  • Ishida, S., Ohtsuki, H., Awano, T., Makino, W., Suyama, Y. and Urabe, J., DNA extraction and amplification methods for ephippial carapace of Daphnia resting eggs in lake sediments: a novel approach for reconstructing zooplankton population structure from the past. Limnology 13(3): 261-267 (2012)(査読有り)
  • Tanaka, A., Ohtani, M., Suyama, Y., Inomata, N., Tsumura, Y., Middleton, B. A., Tachida, H. and Kusumi, J., Population genetic structure of a widespread coniferous tree Taxodium distichum [L.] Rich. (Cupressaceae) in the Mississippi River Alluvial Valley and Florida. Tree Genet. Genomes, 8(5):1135–1147 (2012) (査読有り)
  • Abe, H., Nishikawa, Y., Shimamura, T., Sato, K. and Suyama, Y., Isolation and characterization of microsatellite loci in a polyploidy alpine herb, Callianthemum miyabeanum (Ranunculaceae). Am. J. Bot., 99(12):e484-e486 (2012) (査読有り)
  • Yamamoto, N., Oishi, R., Suyama, Y., Tada, C. and Nakai, Y., Ammonia-oxidizing bacteria rather than ammonia-oxidizing archaea were widely distributed in animal manure composts from field-scale facilities. Microbes Environ., 27(4):519-524 (2012) (査読有り)
  • Fukasawa, Y., Effects of wood decomposer fungi on tree seedling establishment on coarse woody debris, For. Ecol. Manage., 266:232-238 (2012)(査読有り)
  • Fukasawa, Y., Osono, T. and Takeda, H., Fungal decomposition of woody debris of Castanopsis sieboldii in a subtropical old-growth forest. Ecol. Res., 27(1):211-218 (2012)(査読有り)
  • Fukasawa, Y., Tateno, O., Hagiwara, Y., Hirose, D. and Osono, T., Fungal succession and decomposition of beech couple litter. Ecol. Res., 27(4):735-743 (2012)(査読有り)

著書等

  • 清和研二、宮城県鳴子峡.自然保護 527: 22 (2012)
  • 清和研二、針広混交林化による生態系機能の回復と広葉樹の活用.自然保護 527: 24(2012)
  • 清和研二、錦織を染め上げる落葉広葉樹林のメカニズム.自然保護 527: 22(2012)
  • 清和研二、被災の地,東北から(9)木材利用で長期的復興を.森林技術 838(2012)
  • 陶山佳久、花粉1粒DNA分析法を用いた繁殖生態学的研究.Pp. 61-81、津村義彦・陶山佳久(編)、森の分子生態学2、文一総合出版 (2012)
  • Lascoux, M., 陶山佳久、樹木集団の系譜推定.Pp. 109-135、津村義彦・陶山佳久(編)、森の分子生態学2、文一総合出版 (2012)
  • 陶山佳久、SSRジェノタイピング手法.Pp. 291-323、津村義彦・陶山佳久(編)、森の分子生態学2、文一総合出版 (2012)
  • 陶山佳久、花粉1粒DNA分析法.Pp. 389-404、津村義彦・陶山佳久(編)、森の分子生態学2、文一総合出版 (2012)

国内学会発表

  • ◯陶山佳久、タケ・ササ類における一斉開花枯死の周期性とそのずれ.日本進化学会第14回東京大会(首都大学東京、八王子、8月21日)
  • ◯陶山佳久、タケとササの分子生態学.第44回種生物シンポジウム(奥琵琶湖牧野パークホテル&セミナーハウス、高島市、12月8日)
  • ◯蒔田明史、齊藤智之、陶山佳久、鈴木準一郎、牧田肇、一斉開花後のササ群落は何年で回復するのか?チシマザサ実生由来奴隷個体群30年間の動態.第44回種生物シンポジウム(奥琵琶湖牧野パークホテル&セミナーハウス、高島市、12月9日)
  • ◯深澤遊、山下聡、枯死木をめぐる生物間相互作用—趣旨説明—.第59回日本生態学会大会,企画集会T15, (龍谷大学、滋賀、3月20日)
  • ◯深澤遊、木材腐朽菌の材分解機能が倒木上の樹木実生・コケ・変形菌群集に与える影響.第59回日本生態学会大会,企画集会T15, (龍谷大学、滋賀、3月20日)
  • ◯深澤遊、有川智己、菌類によるアカマツ倒木の分解が倒木上に生育するコケ群集に与える影響,第123回日本森林学会宇都宮大会,Pa054 (宇都宮大学、栃木、3月27日)
  • ◯Ueno, U., Fukasawa, Y., Seiwa, K., Replacement of tree seedlings from conspecifics to heterospecifics near the adult of Cornus controversa, 第59回日本生態学会大会,(龍谷大学、滋賀、3月20日)
  • ◯大山裕貴、清和研二、ケヤキの種子散布における二型について.第59回日本生態学会大会,P3-089J,(龍谷大学、滋賀、3月20日)
  • ◯夏青青、清和研二、サイズの異なる種子の発芽に及ぼすR:FR比と変溫の相対的重要性.第59回日本生態学会大会,P3-050J (龍谷大学、滋賀、3月20日)
  • ◯加藤さや、深澤遊、清和研二、ウワミズザクラ実生の葉内から分離された内生菌の組成と病原菌抵抗性.第59回日本生態学会大津大会,P2-086J (龍谷大学、滋賀、3月20日)
  • ◯九石太樹、深澤遊、清和研二、スギ人工林とそれに隣接する落葉広葉樹林における実生の菌根タイプと感染率の違い.第59回日本生態学会大会,企画集会T9, (龍谷大学、滋賀、3月20日)
  • ◯巴音達拉、深澤遊、清和研二、ミズキとウワミズザクラの置き換わりに及ぼす病原菌と菌根菌の影響.第59回日本生態学会大会,P3-107J (龍谷大学、滋賀、3月20日)

国際学会発表

  • ◯Seiwa, K., Role of pathogens in maintaining species diversity of temperate forests. National Museum of Nature and Science International Symposium 2012 (National Museum of Nature and Science, Tokyo, October 7)
  • ◯Suyama, Y., Forest molecular ecology: Gene flow, genetic structure and conservation genetics of Fagus crenata. International Symposium on Forest Molecular Ecology (Semyung University, Korea, October 27)
  • ◯Suyama, Y., Forest molecular ecology: Gene flow, genetic structure and conservation genetics of Fagus crenata. (Korea National Arboretum, Korea, October 29)
  • ◯Hirota, S., Nitta, K., Suyama, Y., Kawakubo, N., Yasumoto, A.A. and Yahara T., Both butterflies and hawkmoths mediate selection on red flower color against yellow: evidence from genotyping individual pollen grains on the stigma. Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ & The 5th EAFES International Congress. (Ryukoku University, Otsu, March 19) (ポスター発表)
  • ◯Abe, H., Ohtani, M., Suyama, Y., Homma, K. and Sakio, H., Genetic diversity and reproductive success among small isolated populations of Primula jesoana on Sado Island. Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ & The 5th EAFES International Congress. (Ryukoku University, Otsu, March 18) (ポスター発表)
  • ◯Choi, H.J., Kaneko, S., Yokogawa, M., Song, G.P., Kim, D.S., Kang, S.H., Suyama, Y. and Isagi, Y., Genetic status and its conservative implications of a critically endangered species in Korea, Euchresta japonica (Leguminosae), based on ubiquitous genotyping. Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ & The 5th EAFES International Congress. (Ryukoku University, Otsu, March 18) (ポスター発表)
  • ◯Ito, T., Choi, H. J., Suyama, Y., Kaneko, S., Song, G.P., Kang, S.H., Kim C.S. and Isagi Y., Ubiguitous genotyping on critically endangered Hydrangea luteovenosa in Korea. Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ & The 5th EAFES International Congress. (Ryukoku University, Otsu, March 19) (ポスター発表)
  • ◯Yokota, S., Yahara, T. and Suyama, Y., Inbreeding depression in L. japonicum var. abeanum showing distance polymorphism between stigma and anthers. Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ & The 5th EAFES International Congress. (Ryukoku University, Otsu, March 19) (ポスター発表)
  • ◯Suyama, Y., Matsuo, A., Saitoh, T., Nishiwaki, A., Shibata, S. and Makita, A., Effects of spatial genet structure on sexual reproduction in monocarpic bamboos. The 10th Clonal Plant Workshop: Ecological Consequences of Plant Clonality under Global Change. (Fragrant Hill Hotel, Beijing, China, October 15)
  • ◯Makita, A., Saitoh, T., Suyama, Y., Suzuki, J-I. and Makita, H., How long does it take for the full recovery after synchronous flowering and death of Sasa kurilensis, a dwarf bamboo? – Estimation based on three decade’s demography. The 10th Clonal Plant Workshop: Ecological Consequences of Plant Clonality under Global Change. (Fragrant Hill Hotel, Beijing, China, October 15) (ポスター発表)
  • ◯Fukasawa, Y., The influence of decomposer fungi on vascular plant and cryptogams community structure developed on coarse woody debris. 4th International ECOSUMMIT. (Greater Columbus Convention Center, Columbus, Ohio, October 2)

学会以外での発表

  • ◯陶山佳久、遺伝子から見る森.次世代へ繋ぐ「人と自然との共生」を考えるハローウッズシンポジウム2012(本田技研工業株式会社青山本社ビル、東京、3月1日)
  • ◯深澤遊、木材腐朽と変形菌.2011年度日本変形菌研究会大会(大阪市立自然史博物館、大阪市、1月21日)
  • ◯深澤遊、木材腐朽菌から広がる生物のつながり.菌類生態学講座(大阪市立自然史博物館、大阪市、1月22日)
  • ◯深澤遊、枯死木をめぐる生物間相互作用.第240回生態学研究センターセミナー(京都大学生態学研究センター、大津、10月19日)

受賞

  • Nakamura, K., Nakano, K., Yano, T., Suyama, Y. and Nishimura, O., Water and Environment Technology Conference 2012 Excellent Paper Award(6月)

 

▲ページのトップへ戻る

2011年

原著論文

  • Konno, M., Iwamoto, S. and Seiwa, K, Specialization of a fungal pathogen on host tree species in a cross inoculation experiment. J. Ecol., 99(6):1394–1401 (2011)(査読有り)
  • Seiwa, K. and Kikuzawa, K., Close relationship between leaf life span and seedling relative growth rate in temperate hardwood species. Ecol. Res., 26(1):173-180 (2011)(査読有り)
  • Abe, H., Maki, M., Horie, S. and Suyama, T., Isolation and characterization of microsatellite loci for Menziesia goyozanensis, an endangered shrub species endemic to Mt. Goyo in northern Japan. Conservation Genet. Resour., 3(3):569-571 (2011)(査読有り)
  • Sasaki, T., Yoshihara, Y., Suyama, Y. and Nakashizuka, T., Clipping stimulates productivity but not diversity in improved and semi-natural pastures in temperate Japan. Agric. Ecosyst. Environ., 142(3-4):428¬–431 (2011)(査読有り)
  • Honma, H., Suyama, Y. and Nakai, Y., Detection of parasitizing coccidia and determination of host crane species, sex and genotype by faecal DNA analysis. Mol. Ecol. Resour., 11(6):1033–1044 (2011) (査読有り)
  • Honma, H., Suyama, Y., Watanabe, Y., Matsumoto, F. and Nakai, Y., Accurate analysis of prevalence of coccidiosis in individually identified wild cranes in inhabiting and migrating populations in Japan. Environ. Microbiol. Rep., 13(11):2876–2887 (2011)(査読有り)
  • Fukasawa, Y., Osono, T. and Takeda, H., Wood decomposing abilities of diverse lignicolous fungi on nondecayed and decayed beech wood. Mycologia, 103(3):474-482(2011)(査読有り)

著書等

  • 清和研二、大園享司、菌類・植食者との相互作用が作り出す森林の種多様性 – 要点と展望 –. 日本生態学会誌 61(3):291-295 (2011)
  • 今埜実希、清和研二、Janzen-Connellモデルの温帯林での有効性. 日本生態学会誌 61: 319-328 (2011)
  • 今治安弥、清和研二、物質分配から見た成長と生存のトレードオフモデル. 日本生態学会誌 61(3): 329-333 (2011)
  • 清和研二、種の多様性を活かした林業の再生 —震災を超えてー. 特集 国際森林年−震災復興に林業・木材産業はいかに貢献できるか?— 山林 1530: 10-18 (2011)
  • 清和研二、「大学演習林からのたより④東北大学」生物多様性を生かした森林管理・林業の研究。グリーンエイジ 454: 38-41 (2011)
  • 清和研二、被災の地,東北から(6) 震災復興シンポジウム. 森林技術 835, 45 (2011)
  • 清和研二、被災の地、東北から (3) 真の効率とは? 森林技術 832, 35 (2011)
  • 清和研二、被災の地、東北から (1) 森林技術 830, 43 (2011)
  • 清和研二、種多様性を生かした林業再生—震災を越えてー. 森林を生かした地域の活性化 (東北公益文化大学): 3-11 (2011)
  • 清和研二、地域の林産物・森林生態系を生かした震災復興. 震災. 食・農・村の復興支援プロジェクト報告書 (東北大学大学院農学研究科): 38-43 (2011)
  • Suyama, Y., Procedure for single-pollen genotyping. Pp. 7-15 In Single-pollen genotyping. Isagi, Y. and Suyama, Y. (Eds.) 127pp. Springer, Tokyo (2011)
  • Hasegawa, Y., Suyama, Y., and Seiwa, K., Difference in pollen donor composition during the early phases of reproduction as revealed by DNA analysis of pollen grains and seeds in the monoecious tree Castanea crenata. Pp. 33-46 In Single-pollen genotyping. Isagi, Y. and Suyama, Y. (Eds.) 127pp. Springer, Tokyo (2011)
  • Parducci, L. and Suyama, Y., Single-pollen genotyping of Holocene lake sediments. Pp. 101-109 In Single-pollen genotyping. Isagi, Y. and Suyama, Y. (Eds.), Springer (2011)
  • 正木隆、陶山佳久、樹木の繁殖と種子散布、Pp. 136–153、シリーズ現代の生態学8「森林生態学」日本生態学会編、共立出版 (2011)
  • 長谷川陽一、陶山佳久、清和研二、落葉広葉樹クリの送受粉システム:雌花上の花粉組成と母樹による花粉選択.林木の育種、240: 12-21 (2011)

国内学会発表

  • ◯陶山佳久、48年周期で一斉開花枯死による更新を繰り返すタケ.第43回種生物学シンポジウム(一般財団法人人材開発センター富士研修所、富士吉田、12月11日)
  • ◯十亀彩、杉浦俊弘、小島達也、森大祐、横川輝、馬場光久、陶山佳久、八甲田山田代平のシバ草地に侵入しているブタナの遺伝学的解析.第58回日本生態学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌、3月9日)(ポスター発表)
  • ◯齋藤智之、陶山佳久、鈴木準一郎、西脇亜也、蒔田明史、チシマザサ更新個体群における20年目からのクローン競争と成長の過程.第58回日本生態学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌、3月9日)(ポスター発表)
  • ◯陶山佳久、 阿部晴恵、高山における絶滅危惧植物保全のための全個体ジェノタイピング.第58回日本生態学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌、3月10日)
  • ◯阿部晴恵、牧雅之、堀江佐知子、陶山佳久、絶滅危惧植物ゴヨウザンヨウラクの遺伝的多様性の評価.第58回日本生態学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌、3月10日)(ポスター発表)
  • ◯蒔田明史、佐藤綾香、井上みずき、佐藤朋華、品川朋仁、松尾歩、陶山佳久、ササの"部分開花"は1ジェネットだけの開花なのか?~秋田県内26ヶ所の調査結果 から~.第58回日本生態学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌、3月10日)
  • ◯石田聖二、大槻朝、陶山佳久、占部城太郎、湖底に堆積する動物プランクトン遺骸(ミジンコ休眠卵鞘)の遺伝解析手法の開発.第58回日本生態学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌、3月9日)
  • ◯松尾歩、蒔田明史、陶山佳久、日本産ササ類における地理的・形態的・遺伝的変異.第58回日本生態学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌、3月10日)(ポスター発表)
  • ◯佐々木雄大、吉原佑、陶山佳久、中静透、低投入型放牧の有用性:野草地と改良草地における生産性と多様性の比較からの検討.第58回日本生態学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌、3月9日)(ポスター発表)
  • ◯廣田峻、新田梢、陶山佳久、川窪伸光、安元暁子、矢原徹一、アゲハを介した送粉過程:花粉1粒DNA解析を用いた各花形質の送粉貢献度の測定.第58回日本生態学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌、3月9日)(ポスター発表)
  • ◯中澤文男、植竹淳、陶山佳久、金子亮、竹内望、竹内望、藤田耕史、本山秀明、神田啓史、ベルーハ氷河に含まれるマツ属花粉1 粒ずつのDNA分析.日本地球惑星科学連合2011年大会(幕張メッセ国際会議場、千葉、5月24日)(ポスター発表)
  • ◯中澤文男、植竹淳、陶山佳久、金子亮、竹内望、竹内望、藤田耕史、本山秀明、神田啓史、節レベルでの識別を目的としたベルーハ氷河中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析. 雪氷研究大会(ハイブ長岡、長岡、9月21日)
  • ◯中澤文男、植竹淳、陶山佳久、金子亮、竹内望、竹内望、藤田耕史、本山秀明、神田啓史、節レベルでの同定を目的とした氷河中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析.日本花粉学会第52回大会(名城大学、名古屋、10月9日)(ポスター発表)
  • ◯中澤文男、植竹淳、陶山佳久、金子亮、竹内望、竹内望、藤田耕史、本山秀明、神田啓史、節レベルでの同定を目的としたベルーハ氷河中のマツ属花粉1粒ずつのDNA分析.第2回極域科学シンポジウム(国立極地研究所、立川、11月16日)(ポスター発表)
  • ◯富松裕、陶山佳久、中野和典、遺伝的多様性が生態系機能に与える効果:ヨシによる水質浄化システムを用いた検討.第43回種生物学シンポジウム(一般財団法人人材開発センター富士研修所、富士吉田市.12月10日)(ポスター発表)
  • ◯廣田峻、新田梢、陶山佳久、川窪伸光、安元暁子、矢原徹一、アゲハもスズメガも赤花を選択する?:花粉一粒ジェノタイピングを用いた送粉成功評価.第43回種生物学シンポジウム(一般財団法人人材開発センター富士研修所、富士吉田市.12月10日)(ポスター発表)
  • ◯小笠原玄記、阿部晴恵、牧雅之、堀江佐知子、陶山佳久、絶滅危惧植物ゴヨウザンヨウラクとその近縁種の集団遺伝学的解析.第43回種生物学シンポジウム(一般財団法人人材開発センター富士研修所、富士吉田市.12月10日)(ポスター発表)
  • ◯中村和德、中野和典、矢野篤男、陶山佳久、西村修、鉛直流型人工湿地ろ過層内における微生物及び動物相の解析.第27回日本微生物生態学会(京都大学、京都、10月8日)
  • ◯夏青青、清和研二、 Relative importance of the red: far-red ratios and temperature fluctuation for seed germination of pioneer species of deciduous broad-leaf trees depending on seed size,日本生態学会東北地区会第56回大会(山形大学農学部、鶴岡、12月11日)(ポスター発表)
  • ◯加藤さや、深澤遊、清和研二、ウワミズザクラ実生の葉内から分離された内生菌の組成と病原菌抵抗性.日本生態学会東北地区会第56回大会(山形大学農学部、鶴岡、12月11日)(ポスター発表)

国際学会発表

  • ◯Fukasawa, Y., Effects of fungal wood decomposition on seedling establishment on coarse woody debris, 2nd World Congress of Microbes, (Beijin, China, July 30)
  • ◯Suyama, Y., Procedure for Single-Pollen Genotyping in Ecological Research. XVIII International Botanical Congress 2011 (Melbourne, Australia, 23-30 July) (ポスター発表)
  • ◯Nakamura, K., Nakano, K., Yano, T., Suyama, Y. and Nishimura, O., Soil faunal diversity in the beds of full-scale vertical flow constructed wetland. International forum for ecosystem adaptability science Ⅲ (Sendai International Center, Sendai, November 11) (ポスター発表)

学会以外での発表

  • 深澤遊、倒木がとりもつ生物のつながり.第91会森林科学セミナー(秋田県立大学、秋田、7月22日)

 

▲ページのトップへ戻る

~2010年

…随時更新
▲ページのトップへ戻る