メンバー

教職員

教授: 清和 研二(SEIWA Kenji)東北大学研究者紹介 温帯林の種多様性創出における病原菌と菌根菌の相対的重要性(基B)

准教授: 陶山 佳久(SUYAMA Yoshihisa)東北大学研究者紹介 東南アジア産樹木の種多様性・系統多様性・形質多様性の地理的パターン(基A分担)
東南アジアの森林植物を対象とした種および遺伝子多様性の包括的解析(基A)
絶滅危惧種ゲノム情報の縮約解読技術開発(環境研究推進費分担)
ニューカレドニア産シソ科Oxera属植物のゲノム縮約集団遺伝解析(基B分担)
湿原植物群集の多様性変化の解析と保全(基B分担)
マングローブ林保全のためのグローバル景観ゲノミクス解析(基A連携)
スギのゲノム縮約解析による地域性種苗の遺伝的評価(基B分担)
タケササ類のクローン特性の進化と適応的意義(基B分担)
長寿命樹木にみられる幹細胞ゲノムの多様性分析(新学術分担)
エフエム仙台「forever green project」オブザーバー

助教: 深澤 遊(FUKASAWA Yu)東北大学研究者紹介 病虫害による大量枯死が森林生態系のCO2放出におよぼす影響の解明(基B)
トウヒの実生更新を制御する生物間相互作用解明のための微生物群集の構造と機能の解析(国際共同研究強化)
「形質アプローチ」でせまる森林の植物-土壌フィードバック(基B分担)
枯死木が腐食連鎖系の群集組成と食物網構造に与える長期的影響の解明(基B分担)

日本学術振興会特別研究員: 廣田 峻(HIROTA Syun) ゲノム・生殖隔離・自然選択から迫る送粉適応形質の平行進化(特別研究員奨励費)

学術研究員: 松尾 歩(MATSUO Ayumi) 東南アジア産樹木の種多様性・系統多様性・形質多様性の地理的パターン 東南アジアの森林植物を対象とした種および遺伝子多様性の包括的解析

研究支援員: 松倉 君予(MATSUKURA Kimiyo) トウヒの実生更新を制御する生物間相互作用解明のための微生物群集の構造と機能の解析

技術職員: 鈴木 政紀(SUZUKI Masanori)

技術補佐員: 佐々木 崇徳(SASAKI Takanori)

学生

博士課程前期-2年

古賀 帆(KOGA Wataru) 落葉広葉樹の実生定着におけるAM菌とECM菌の作用機構の違い

増田 千恵(MASUDA Chie) スギ人工林における広葉樹との混交林化が葉の窒素吸収と葉の分解過程に及ぼす影響

森川 夢奈(MORIKAWA Yumena) スギ人工林における広葉樹との混交林化による根系層の発達が水質浄化に及ぼす影響

博士課程前期-1年

北畠 寛之(KITABATAKE Hiroyuki)

志村 厚樹(SHIMURA Atsuki)

徳弘 千夏(TOKUHIRO Chinatsu)

学部4年

木村 瑳月(KIMURA Satsuki)

本宮 万愛(MOTOMIYA Mana)

▲ページのトップへ戻る