東北マリンサイエンス拠点形成事業とは、地震と津波が沿岸海洋生態系に及ぼした影響を把握し、その変動機構を解明す るとともに化学的なデータ に基づいて漁業復興を支援していこうというものです。

東北大学 調査水域

  • 女川湾 (おながわわん)
  • 雄勝湾 (おがつわん)
  • 追波湾 (おっぱわん)
  • 長面浦 (ながつらうら)
  • 鮫浦湾 (さめのうらわん)
  • 気仙沼湾 (けせんぬまわん)
  • 大船渡湾 (おおふなとわん)
  • 越喜来湾 (おきらいわん)
  • 牡鹿定置網 (おしかていちあみ)
  • 志津川湾 (しづがわわん)
  • 仙台湾 (せんだいわん)
  • 万石浦 (まんごくうら)
  • 狐崎地先 (きつねざきちさき)
  • 蒲生干潟 (がもうひがた)
  • 山元町地先 (やまもとちょうちさき)
  • 広浦・名取川 (ひろうら・なとりがわ)
  • 広域(岩手・宮城沿岸全域)


i-teamsサイト

Reserch Sites No.01

女川湾 (おながわわん)

女川湾は、宮城県の東部、牡鹿半島基部東岸に位置する。
五部浦湾(ごぶうらわん)を支湾とし、湾口5Km、奥行き11Km程の湾。
ギンザケを始め、アワビ、ウニ、カキ、 ホタテガイ、ホヤなどの養殖漁業が行なわれている。

女川湾

Back

Reserch Sites No.02

雄勝湾 (おがつわん)

雄勝湾は、三陸南部に位置し、湾口2Km、奥行き7Km程の小湾である。 ホタテ・カキ・ホヤ・ワカメなどの養殖が盛んで、中でもホタテの水揚げ量は宮城県一を誇る。

雄勝湾

Back

Reserch Sites No.03

追波湾 (おっぱわん)

追波湾は、三陸南部に位置し、湾口3Km、奥行き5Km程で、北上川河口にあたる。
北側の十三浜でのワカメの養殖は有名である。南側の船越では、ホタテカキが養殖され、定置網漁も行われている。

追波湾

Back

Reserch Sites No.04

長面浦 (ながつらうら)

長面浦は、宮城県北東部の北上川河口に位置し、南北2Km、東西1Km程で、幅数十mの水道で追波湾と繋がっている。
カキ養殖が盛んであり、ハゼやカレイも漁獲される。

長面浦

Back

Reserch Sites No.05

鮫浦湾 (さめのうらわん)

鮫浦湾は、牡鹿半島東岸に位置し、
湾口3Km、奥行き5Km程の小湾である。
ホヤ、カキ、ホタテなどが養殖され、特にホヤの種苗生産量は日本一である。

鮫浦湾

Back

Reserch Sites No.09

牡鹿定置網 (おしかていちあみ)

牡鹿半島は、宮城県東部にあり、太平洋に向かって南東に突き出した半島で、西付け根は万石浦、先端は黒崎である。
黒崎の東に金華山と呼ばれる島がある。
半島周辺の海域では、定置網漁が行われている。

牡鹿定置網

Back

Reserch Sites No.10

志津川湾 (しづがわわん)

志津川湾は、宮城県北東に位置し、入り江や小島が多く、小規模な漁港が多数整備されている。
カキ・ホヤ・ワカメ・ギンザケなどの養殖が行われている。
大型海藻が繁茂し、アワビやウニなどの磯根資源も豊富。

志津川湾

Back

Reserch Sites No.11

仙台湾 (せんだいわん)

仙台湾は牡鹿半島黒崎から福島県鵜ノ尾崎まで、海岸線約130km、湾口部約68km、石巻湾と松島湾を支湾とする。
漁業資源には、カレイ、マアナゴ、アカガイ、ホッキガイなどがある。
松島湾や石巻湾ではノリやカキの養殖も盛んである。

仙台湾

Back

Reserch Sites No.12

万石浦 (まんごくうら)

万石浦は、宮城県東部、牡鹿半島基部の西側にあり、
湾口部が200m程開く。
海につながっており、奥行きは6Km程である。
潮干狩りの名所であるほか、海苔やカキの養殖が盛んである。

万石浦

Back

Reserch Sites No.13

狐崎地先 (きつねざきちさき)

狐崎地先は、牡鹿半島中央部西側に位置する。
大型海藻が繁茂する比較的遠浅の岩礁域である。

狐崎地先

Back

Reserch Sites No.14

蒲生干潟 (がもうひがた)

蒲生干潟は、宮城県七北田川河口・仙台湾岸の
中央部に位置する干潟。
潮干狩りが盛んである。

蒲生干潟

Back

Reserch Sites No.15

山元町地先 (やまもとちょうちさき)

山元町地先は、宮城県東南端に位置し、全国でも有数のホッキ貝やあかがいの産地である。

山元町地先

Back

Reserch Sites No.16

広浦・名取川 (ひろうら•なとりがわ)

名取川は、宮城県仙台市および名取市を流れ、太平洋に注ぐ一級河川。
もとは南の閖上漁港と広浦にも通じていた。
アユが遡上し、河口ではシジミが獲れる。

広浦・名取川

Back

Reserch Sites No.17

広域(岩手・宮城沿岸全域)

生物相調査(ヒラメ稚魚の餌生物、アワビ、ウニ、ナマコ、岩礁域間帯動植物)
水産生物の遺伝的多様調査
次世代DNA分析装置による新しい遺伝的解析方法の開発
環境汚染に応答する遺伝子を利用した高性能生物試験法の開発
現場対応型の小型放射能分析装置の開発

Back

ニュース
  • 2020.03.31 東北マリンサイエンス拠点形成事業−海洋生態系の調査研究−(TEAMS)は令和3年3月31日を以って終了いたしました。



宮城県沿岸調査報告

観測情報はこちら

女川湾
雄勝湾
追波湾
長面浦
鮫浦湾
気仙沼湾
大船渡湾
越喜来湾
牡鹿定置網
志津川湾
田代・網地島地先
万石浦
狐崎地先
蒲生干潟
山元町地先
広浦・名取川