昆虫フェロモンの合成研究 ・ワモンゴキブリの性フェロモン類の合成研究
ワモンゴキブリの性フェロモン成分であるペリプラノン-Aの構造に関する合成化学的研究では、その真の構造を巡って論争が起きていました。 提出されていた推定構造の化合物について世界初の光学活性体合成に成功し、その分解生成物を解析することにより、 従来の報告の様々な疑問点や誤りをことごとく解明してその最終構造決定を行いました。
S. Kuwahara and K. Mori, Clarification of the structure of Persoons's periplanone-A, an artifact derived from Hauptmann's periplanone-A. Tetrahedron Lett., 30, 7447-7450 (1989).

K. Mori, S. Kuwahara and Y. Igarashi, Chemistry of the American cockroach pheromone, Pure Appl. Chem., 62, 1307-1310 (1990).

S. Kuwahara and K. Mori, Synthesis of both the enantiomers of Hauptmann's periplanone-A and clarification of the structure of Persoons's periplanone-A. Tetrahedron, 46, 8083-8092 (1990).

ワモンゴキブリの他の性フェロモン成分であるペリプラノン-B、C、Dの合成も完成しました。

S. Kuwahara and K. Mori, A new stereoselective synthesis of (-)-periplanone-B. Heterocycles, 28, 167-170 (1989).

S. Kuwahara and K. Mori, Synthesis of (-)-periplanone-B, a sex pheromone component of the American cockroach (Periplaneta americana). Tetrahedron, 46, 8075-8082 (1990).

S. Kuwahara, I. Nagashima, W. S. Leal, J. Ishikawa, and O. Kodama, Preparation of (-)-periplanone D and its physical and spectroscopic properties. Biosci. Biotech. Biochem., 64, 600-602 (2000).

・コウノホシカダニ
・キマルカイガラムシ
・カツオブシムシ類
・コクヌストモドキ
・ツェツェバエ
・ヒゲナガアメイロケダニ
・ナガチャコガネ
・ミナミアオカメムシ
・イチモンジカメムシ
・その他、掲載準備中です。

[戻る]