研究室の概要

 イネとアブラナ科植物を主材料として、受粉受精過程に関与する遺伝子を解析して、植物生殖の分子機構の研究を行うとともに、遺伝子のDNA変異解析による新育種技術の開発を目指しています。

 なお我々の研究室が保存するアブラナ科野生種の系統は世界的に知られています。
  →"Tohoku Univ. Brassica Seed Bank"

  1. アブラナ科植物のゲノムと遺伝資源に関する研究
  2. 植物生殖機構の分子遺伝学的研究
  3. 環境ストレス耐性の遺伝育種に関する研究
  4. DNA 変異解析による育種技術の開発

* 実験マニュアル
 ► Dot-blot SNP法


〒981-8555 宮城県仙台市青葉区堤通雨宮町1-1
TEL:022-717-8650(教授室:西尾)
           8651(第1研究室:院生・学生)
           8652(第2研究室:院生・学生)
FAX:022-717-8654