simple website maker

農業経営経済学研究室

Laboratory of Farm Management and Agricultural Economics

第4回 有機米生産システム
    国際シンポジウム

4th International conference 
Organic Rice Farming and Production Systems  

 ※ 新型コロナウイルスの流行により当初の日程を延期しました。代わって、2021年9月にはWEBセミナーを開催し、2022年シンポジウムに橋渡しすることとしました。

場所 東北大学農学研究科
     日時 2022年8月ー9月に開催予定

東北大学大学院 農学研究科 資源生物科学専攻 資源環境経済講座 農業経営経済学分野
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
© Copyright Graduate School of Agricultural Science / Faculty of Agriculture, Tohoku University All Rights Reserved

有機米に関わる世界の研究者、生産者、加工流通業界などの関係者の交流を培い、①今日 の有機米生産システムに関する実践知を収集、②イノベーションの発掘や阻害要因の特定、 ③品質や健康、環境への影響の評価、④有機米生産に関する国際的なイノベーションネットワ ークの構築を目的としたシンポジウムである。

プログラム(予定)

セッション 1 世界の有機米の現在―市場、制度、政策、技術―

セッション 2 有機米生産: 栽培システムとファーミングシステム

セッション 3 有機米のフードチェーン

セッション 4 有機米の品質、栄養と健康

セッション 5 アグロエコシステム・生物多様性・ランドスケープ

現地検討会

討 論 ―これからの有機米生産のシナリオと政策課題―


国際シンポジウム科学委員会 (2020年9月現在)

ジャンマルク・バルビエ(フランス国立農学研究所)、

ステファノ・ボッキ(ミラノ大学)、本間香貴(東北大 学)、

石井圭一(東北大学)、小松崎将一(茨城大学)、嶺田拓也(農研機構)、三浦重典(農研機構)、ジ ャンクロード・ムレ(フランス国立農学研究所)、西田瑞彦(東北大学)、下口ニナ(東京農業大学)、ユデ ィヴィール・シン(インド国立農学研究所)、安江絋幸(農研機構)

これまでの開催地

第1回 2012年8月 フランス・モンペリエ(INRA、CIRAD 主催)

第2回 2015年9月 イタリア・ミラノ-パビア(ミラノ大学主催)

第3回 2018年3月 ブラジル・ポルトアレグレ

連絡先:

東北大学大学院農学研究科

980-8572 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1

石井圭一

TEL. +81-22-757-4208

E-mail keiichi.ishii.c1@tohoku.ac.jp

The objective of the conference is to stimulate and foster exchanges between scientists, ricegrowers as well as other stakeholders in the organic rice production and commercialization chain. These exchanges, focused on organic rice production in different regions throughout the world, will be organized in order to

1) assess actual knowledge of the functioning of organic rice production systems,

2) identify innovations being undertaken and obstacles that block the development of the systems

3) analyze the impact of different types of organic rice production on food quality, health and the environment, and

4) strengthen the international innovation network on sustainable rice production.

Provisional program

Session 1 Current situation of organic rice in the world -Market, institutions, technology-

Session 2 Organic rice production: cropping and farming system

Session 3 Organic chains: processing, marketing and consumption

Session 4 Quality, nutrition and health

Session 5 Agroecosystem, biodiversity and landscape

Round table Discussion on future scenarios and conclusions

Field trips and discussion

Scientific Committee (Sept.2020):

Jean-Marc Barbier agronomy INRA Montpellier (France)

Stefano Bocchi agroecology Milano University ORP2 organizer (Italy)

Koki Homma crop science Tohoku University (Japan)

Keiichi Ishii economy Tohoku University (Japan)

Masakazu Komatsuzaki agronomy Ibaraki University (Japan)

Takuya Mineta agronomy NARO (Japan)

Shigenori Miura agronomy NARO (Japan)

Jean Claude Mouret agronomy INRA Montpellier ORP1 organizer (France)

Mizuhiko Nishida soil science Tohoku University (Japan)

Nina Shimoguchi economy Tokyo University of Agriculture

Yudhivir Singh agronomy Indien Agricultural Research Institut

Hiroyuki Yasue economy NARO (Japan)

NARO : The National Agriculture and Food Research Organization

Previous venues:

1st Aug. 2012 Montpellier, France

2nd Sept. 2015 Milan-Pavia, Italy

3rd Mar. 2018 Porto Alegre, Brazil

Contact :

Keiichi Ishii

Tohoku University

Graduate school of Agricultural Science

468-1 Aramaki Aza Aoba, Aoba-ku, Sendai, Miyagi, 980-8572, Japan

TEL. +81-22-757-4208

E-mail keiichi.ishii.c1@tohoku.ac.jp