Banner Image Japanese Top Page English Top Page

連絡先

[所属]
 国立大学法人 東北大学
  大学院農学研究科
   資源生物科学専攻
    植物生産科学講座
    (土壌立地学分野
[所在地]
 〒980-8572 宮城県仙台市
 青葉区荒巻字青葉468-1
[部屋番号とTel 番号]
 東北大学青葉山新キャンパス
 農学系総合研究棟3階
  E308(牧野)022-757-4099
  E302(菅野)022-757-4100
  E301(学生)022-757-4101
  S301(本棟実験室)022-757-4102
  A303(別棟実験室)022-757-4103
[Fax 番号] 022-757-4101
[代表 Email]  soil@agri.tohoku.ac.jp

アーカイブ (過去の記事一覧)


(since 04 Nov, 1999)

ようこそ,土壌立地学分野へ


Soil Conscious −私たちは土壌に着目した研究を行っています−

土壌は私達の食糧生産と居住の場であり,大気や水などとともに生物の生存を支える環境因子のひとつです。当分野ではこのような土壌について「火山灰土壌」と「土壌−植物相互作用」を二本柱に教育と研究を行っています。

火山灰土壌は東北地方に広く分布し,かつ,世界の火山周辺の多様な環境条件下に分布します。火山噴火時には災害をもたらしますが,その後火山灰は比較的速く風化し,特異な性質を持つ土壌となります。このような火山灰土壌のデータベースを構築するとともにそれらの特性,生成,分類,利用について研究を進めています。また,土壌−植物相互作用の研究を基礎に置き,窒素,リンなどの肥効調節肥料を用いた省力,低コスト,環境保全型土壌管理に関する萌芽的技術の探索を行っています。

土壌学を目指される方へ(牧野知之教授からのメッセージ,準備中)
研究紹介読替えデジタル日本土壌図  世界土壌資源図土のけしき・土のふしぎ展


ピックアップ

2019年11月 8日

14th International Conference of the East and Southeast Asia Federation of Soil Science Societies(第14回東・東南アジア土壌科学会連合国際会議)

Advanced countermeasures for cadmium and arsenic contamination in rice under recent international situation
T. Makino, H. Kanno
National Taiwan University, Taipei, Taiwan (2019.11.3〜8)
Elution characteristics of various silica materials and their effect on the mitigation of arsenic and cadmium in rice plant
H. Takenaka, T. Makino, H. Kanno, K. Kimura, S. Yamasaki, N. Yamaguchi, K. Baba, H. Nakada
National Taiwan University, Taipei, Taiwan (2019.11.3〜8)
Selection of appropriate methods to determine soil Mn availability for low-cadmium rice cultivar
R. Saito, T. Makino, H. Kanno, K. Kimura, S. Yamasaki, S. Ishikawa, T. Abe, H. Nakada, T. Otaguro, H. Nishikawa
National Taiwan University, Taipei, Taiwan (2019.11.3〜8)
Genesis and classification of various andic soils in the hills of central Miyagi Prefecture, northeastern Japan: evaluating the effect of volcanic ash using cryptotephra identification
S. Onuma, H. Saito, M., T. Miyamoto, H. Kanno, T. Makino
National Taiwan University, Taipei, Taiwan (2019.11.3〜8)
Response of paddy rice to gypsum topdressing in soils with different level of available sulfur and soluble metals
A. Suzuki, M. Takino, H. Kanno, T. Makino
National Taiwan University, Taipei, Taiwan (2019.11.3〜8)

2019年11月 4日

日本ペドロジー学会2019年度大会

クリプトテフラの識別を用いた黒ボク土類縁土壌への火山灰の影響評価(第1報)宮城県中央部の大衡丘陵と鹿島台丘陵の事例
大沼佐保子・宮本毅・菅野均志・牧野知之、ペド2019大会講要 p.42
山口大学大学会館(2019.11.1)
クリプトテフラの識別を用いた黒ボク土類縁土壌への火山灰の影響評価(第2報)岩手県内陸中央部の佐比内丘陵の事例
照井直人・宮本毅・菅野均志・牧野知之、ペド2019大会講要 p.43
山口大学大学会館(2019.11.1)

2019年9月 6日

日本土壌肥料学会2019年度 静岡大会

定点調査試料からみた水田土壌の可給態硫黄の変化-岩手県と広島県における測定事例-
菅野均志・葉上恒寿・清水健太郎・牧野知之、日土肥講要65, p.82
静岡大学農学部(2019.9.3〜5)
湛水土壌への亜鉛もしくは銅の添加と水稲の硫黄吸収との関係
瀧野百重・菅野均志・高橋 正・金田吉弘・牧野知之、日土肥講要65, p.83
静岡大学農学部(2019.9.3〜5)
可給態硫黄と可溶性金属レベルの異なる水田土壌における水稲の石膏施与への応答
鈴木彩乃・菅野均志・牧野知之・瀧野百重、日土肥講要65, p.83
静岡大学農学部(2019.9.3〜5)
湛水培養した黒ボク土における鉄鉱物の溶解特性
牧野知之・菅野均志・木村和彦・平井恭正・宮原英隆、日土肥講要65, p.17
静岡大学農学部(2019.9.3〜5)
水稲における土壌 Mn 可給性評価手法の検討-カドミウム低吸収品種と通常品種の比較-
齊藤黎・牧野知之・菅野均志・木村和彦・山崎慎一・石川 覚・阿部匡・中田均・太田黒駿・西川英輝、日土肥講要65, p.129
静岡大学農学部(2019.9.3〜5)
各種ケイ酸資材の溶出特性と玄米のヒ素・カドミウム低減効果
竹中弘・牧野知之・菅野均志・木村和彦・山崎愼一・山口紀子・馬場浩司・中田均、日土肥講要65, p.129
静岡大学農学部(2019.9.3〜5)

2019年4月 1日

平成31年度 分野メンバー

[教 授]
  牧野 知之 Tomoyuki MAKINO (researchmapへのリンク
[准教授]
  菅野 均志 Hitoshi KANNO (researchmapへのリンク

[大学院・博士課程前期2年]
  杉野 航太 Kota SUGINO
  大沼 佐保子 Sahoko OHNUMA
  瀧野 百重 Momoe TAKINO
  照井 直人 Naoto TERUI
[大学院・博士課程前期1年]
  齊藤 黎 Rei SAITO
  鈴木 彩乃 Ayano SUZUKI
  竹中 弘 Hiroshi TAKENAKA
  山田 大介 Daisuke YAMADA
[学部・4年]
  鈴木 幸乃 Yukino SUZUKI
  成川 貴彦 Takahiko NARUKAWA
  八幡 真治 Shinji YAWATA
  吉住 海斗 Kaito YOSHIZUMI

2019年3月 7日

平成30年度 卒業論文

  • カドミウム低吸収水稲品種に適した土壌マンガン可給性評価手法の確立
  • 広島県世羅町および秋田県北部の水田土壌における水稲の石膏施与への応答
  • 各種ケイ酸資材の溶出特性と玄米のヒ素・カドミウム低減効果に関する研究

Copyright (C) 1999-2019 Soil Science Laboratory, Tohoku University. All rights reserved. 

Banner Image