album album album album experiment

機能分子解析学へようこそ

機能分子のホームページへようこそ!!
当分野では、食品劣化や生体の細胞障害に関与する過酸化脂質について、その正確な定量に必須な過酸化脂質の高純度標品を合成し、さらには過酸化脂質を異性体レベルで定量できる質量分析法を開発してきました。過酸化脂質の分析に必要な一連の解析技術の完成を図っており、これらの解析技術を駆使して、食品の酸化劣化の機構や、ヒトの疾病(動脈硬化、高血糖、認知症、癌など)における膜脂質過酸化のメカニズムを解明し、これらの防御に向けて食品機能成分の活用を検討しています。食品機能の検討では、生体内での吸収と代謝、遺伝子発現の調節、細胞機能の修飾などに重点を置いて進めています。また、食品成分の有効活用に資する加工技術の開発も行っています。具体的には、過酸化脂質、糖化脂質、食品油脂類、粉末油脂、プラズマローゲン、ビタミンE、カロテノイド、クルクミノイド、γ-オリザノール、ポリフェノール、アザ糖、ピロロキノリンキノンなどの研究をしています。

お知らせ

●大学院(前期&後期)からの編入をご希望の方は、事前に研究室までお問い合わせください。研究室見学も随時歓迎しております。
Email (仲川清隆教授):kiyotaka.nakagawa.c1[at]tohoku.ac.jp

リンク!

東北大学基金で公開された動画に加藤主税さんが出演しました。
・東北大学基金「彼らの創る世界が見たいから-For Nurturing Future Leaders-」
共同研究の成果がプレスリリースされました。
・ドラッグリポジショニング:既存薬の新たな作用 -かぜ薬や抗菌薬がフェロトーシスを抑えて腎障害や肝障害を軽減する-
「日本油化学会第58回年会」での発表がプレスリリースされました。
・東北大学との共同研究講座の成果4題を「日本油化学会第58回年会」で発表
東北大学農学カルチャー講座がプレスリリースされました。
・~あぶら×おいしさ×サイエンス~
研究成果がプレスリリースされました。
・母乳に含まれる機能性成分ピロロキノリンキノン(PQQ)の測定方法を開発
共同研究講座を開設しました。
・J-オイルミルズ 油脂イノベーション共同研究講座
東北大学・農学研究科のホームページに当研究室の研究成果が紹介されました。
・食品油脂の酸化原因を明らかにできる新たな手法を開発
・A new method helps clarify how canola and other edible oils deteriorate, providing valuable insight for prevention.
農学部・農学研究科のホームページに仲川清隆教授、伊藤隼哉さん、小舘愛さんのボイスが掲載されています。
[私たちの挑戦] 抗酸化食品?? 仲川清隆教授
[研究者の卵ボイス]過酸化脂質の新しい分析法を開発 伊藤隼哉
[研究者の卵ボイス]硬式テニス、そしてメイラード反応の研究 小舘 愛

NEWS!!

sotsuron eisyoku syuron

出来事 2020.02.28 卒業論文発表会が行われました。[写真左]
出来事 2020.02.17 修士論文発表会が行われました。[写真右]
学会 2019.11.16-17 日本食品科学工学会東北支部 (令和元年大会) および 日本栄養・食糧学会東北支部 (第53回大会) 合同支部大会に参加しました。
受賞 2019.11.17 日本食品科学工学会東北支部 (令和元年大会)で博士2年の高須蒼生さんが東北支部若手奨励賞を受賞しました。
出来事 2019.11.13 ボウリング大会を行いました。[写真中央]
学会 2019.11.08-09 日本農芸化学会東北支部第154大会に参加しました。
受賞 2019.11.08-09 日本農芸化学会東北支部第154大会で博士1年の清水直紀さんが東北支部若手奨励賞を受賞しました。
学会 2019.10.26-27 第29回日本メイラード学会年会に参加しました。
受賞 2019.10.26-27 第29回日本メイラード学会年会で修士2年の梅津直生さんがポスター賞を受賞しました。
出来事 2019.10.20 宮澤杯バレーボールが行われました。
出来事 2019.10.08 芋煮を行いました。